玉ねぎみじん切りで涙が出ないようにするためになぜ出るか理由も調査

料理をしているときに、
玉ねぎのみじん切りで涙が止まらなくて困ることってありませんか?

人にもよるようですが、私は涙が止まらなくて
みじん切りの途中で何度もティッシュで押さえるほどです

そんなみじん切りで涙を出なくする方法
なぜ涙が出るのか、その理由から調べてみました

スポンサードリンク

玉ねぎのみじん切りで涙が出るのはなぜ?

玉ねぎを切った場合に出る刺激臭は、硫化アリルという成分によるもので、
その硫化アリルには涙腺刺激性があると言われています

その硫化アリルに反応して涙が出るようです

みじん切りで涙が出ない人もいるようですが
そういった人はその成分に反応しずらいだけだそうです

私は涙が出るのでこれに反応していたのですね

玉ねぎのみじん切りで涙が出るその理由

玉ねぎから硫化アリルが出るのは、
玉ねぎを切る際に玉ねぎの細胞をつぶして切ってしまっているからのようです

玉ねぎの細胞がつぶれたら硫化アリルが出やすいのですね

ですから、よく切れる包丁を使って
玉ねぎの細胞をつぶさないように、包丁をスライドさせながら切れば
硫化アリルが出にくくなるそうです

よく切れる包丁は、完熟した柔らかいトマトも薄くスライスできるほどです
細胞がつぶれずに切れればきっと涙も出にくくなるのではないでしょうか

スポンサードリンク

玉ねぎのみじん切りで涙が出ないようにするには

玉ねぎのみじん切りの際に涙が出なくするには
前述の切れ味のいい包丁で細胞をつぶさないように切る以外にも
有効な方法があるようです

一つ目は、あらかじめ冷蔵しておく方法です
冷やしておくと、目に染みる成分が揮発しにくくなるとのこと
多少楽になるそうです

他には、直前に電子レンジで温める方法もあります
この場合は生で食べるときには向きませんので
加熱調理する予定ならこの方法も使えます

効果はよくわかりませんが、ほかにも方法があるようです
たとえば、玉ねぎを一切れ口にくわえる方法です
これは結局くわえた玉ねぎから硫化アリルが出ていれば
やっぱり涙は出そうですよね

他にも、TVでやっていたのですが
まな板の両脇にろうそくを立てると
ろうそくの炎の熱で空気の対流が起きて
硫化アリルがろうそくの方に引き寄せられていくそうです
このため目にしみずにたまねぎのみじん切りが出来るとのことです

まとめ

玉ねぎのみじん切りで涙が出ないようにする方法はいくつかありますが
私が一番利用しているのはやはり冷やす方法ですね

よく切れる包丁で、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておいたたまねぎを
みじん切りします

実際、これでいつものように泣きながらみじん切りをすることがなくなりました

皆さんも是非試してみてくださいね

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です