日焼け止めは去年の残りでも使っていい?その効果は?未開封なら?

暑い夏に新しい日焼け止めを買って使っても
そのシーズンで使い切れないことってよくありますよね

翌年の夏前になって、去年の使い残しが見つかったりして
もったいないから使いたいという人も多いでしょう

でも、本当にその古い日焼け止めを使っても大丈夫なのでしょうか

スポンサードリンク

日焼け止めは去年の残りを使っても大丈夫?

一般的に化粧品は開封したら消費期限より早く使い切るべきだそうです

それは、開封したらそこから成分の酸化が始まり
中身が変質していくこともあるからです
そのように変質してしまったものを肌につけるのはお勧めできません

ただ、保存状態によっては変質していない場合もあるようですので
見た目と匂いを確認し、変化がなさそうなら
パッチテストをしてみることや
大丈夫そうでもボディ用にするなどして
顔のような敏感な部分には使わないようにしましょう

日焼け止め去年のものの効果は?

去年の日焼け止めは、一度開封したものはやはり効果が落ちるようです
変質していたら明らかですので、使わないようにしてください

スポンサードリンク

ですが、冷蔵庫保管なら2年持つとも言われていますので
日焼け止めは残ったら冷蔵庫で保管するのもいいかもしれません

とはいえ、日焼け止めは毎年新商品が出て
効果や使い心地はどんどん向上しています

去年の古い日焼け止めはもったいないですが捨ててしまって
潔く新しいものを購入することがオススメです

日焼け止めは去年のものでも未開封なら安心?

買ったけれど一度も使わずにしまっておいた日焼け止めは
開封していないから大丈夫なのでしょうか?

日焼け止めは開封後6ヶ月が消費期限と言われています
開封していないとはいえ、やはり保管状態によっては
変質してしまっている可能性もありますので
見た目やニオイを確認し、敏感な顔には使わないようにしたほうが
不安なまま使うよりはいいのではないでしょうか

まとめ

古い日焼け止めは、残っていても変質している可能性があるので
潔くあきらめ、新しい日焼け止めを購入することをオススメします

どうしても捨てられない、使いたい場合は
パッチテストで問題ない事を確認したうえで
敏感な顔には使わずにボディ用にするなどして
気を付けて使用するようにしましょう

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です