除湿機選びのポイント5つ目

ここまで、除湿機が除湿することのみにポイントを絞って説明してきましたが、実際に使い続けていくうえで重要なポイントが最後の5つ目のポイントです。

それは、除湿機のタンクにたまった水のこと。

タンクに水がたくさん溜まれば、どれだけ除湿効果があったのかわかりやすくて、それだけで満足してしまいがちですが、そのあとに待っているものは、そのタンク内にたまった水の処理です。

タンク内の水の処理は毎日のことですから、実際の使い勝手や日頃のメンテナンス方法についてもしっかりと確認しておきたいものですね。

本体が大きく、タンクの容量も大きければ、その分水を捨てる回数も減りますし、メンテナンスも楽になりますが、いままで説明してきたように狭い部屋や置く場所によってはさほど大きいものが置けない場合もありますよね。

実際に置くであろう場所や、持ち運ぶことも考えたサイズを選びたいですね。毎日の作業になるであろうタンクの水捨てについても、タンクの取り外しは面倒ではないかとか、外したタンクは持ち運びやすいかなどももちろん重要なポイントです。

スポンサードリンク

水を捨てたあとのタンクはささっと水洗いしますので、洗いやすさも同様にチェックしておきたいポイントです。

実際に除湿機に触れるのなら取り外してみましょうね。

他にメンテナンスで重要なポイントは、機種に寄りますが除菌機能や空気清浄機能などがついた除湿機の場合、専用のフィルターや付属部品が増えることによってメンテナンスは多種多様になりますので、そのあたりも購入する前に必ず確認しておくといいですね。

空気清浄機能がついていなくても、除湿機にはエアフィルターがついていますので、交換フィルターの種類や交換の目安・価格・どれくらいの期間使えるのかなども確認しておきましょう。最後にもう一つ重要なのが、電気代です。

長時間使用する必要があってランニングコストが気になる場合は、省電力なコンプレッサー式がいいかもしれません。

もちろん電気代というポイントだけですので、いままで上げたポイントを考慮しながら、生活にあった除湿機を選びましょう。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です