ハロウィンで使える簡単傷メイクの方法

ハロウィンと言えば仮装ですね。
衣装は準備しましたよね。
もっとハロウィンっぽくするなら、メイクに挑戦してみませんか?

今日は誰でも簡単に出来ちゃうハロウィン傷メイクの作り方をご紹介します。

まずは道具をそろえましょう

簡単傷メイクを作るために必要な道具は、
水性ペンの赤と黒、
水ノリ、爪楊枝、ドライヤー、綿棒です。

水性ペンや水ノリ、爪楊枝、綿棒は百均でも手に入りますので、
費用としては数百円でそろいますね。

簡単な傷メイクの作り方

簡単な傷メイクの作り方は、

まずは傷を作りたい場所に水性赤ペンで線を一本引きます。

水で湿らせた綿棒で赤い線をぼかしてなじませ、
ぼかした線の真ん中に黒い線を引きます。
その黒い線をなじませ、その真ん中にまた赤い線を引き、
赤い線をなじませ、また黒い線をひき、それをなじませ…

スポンサードリンク

を数回繰り返して青あざのようなものを作ります。

水ノリを適量青あざの上に垂らし、真ん中はたっぷり、周りはうすく伸ばして
ドライヤーなどで乾かします。

乾いたらうすく伸ばした周りをちょっと爪楊枝で浮かして完成。

さらにリアルにするなら

リアルさにこだわるなら
水ノリを乗せたあと、その上にリキッドファンデーションをスポンジで軽くのせて
さらにその上に水ノリをのせ、周りを薄く伸ばしてドライヤーなどで乾かします。
乾いたら周りを爪楊枝で端をちょっとめくって完成です。

まとめ

詳しい方法はこちらの動画で確認して、是非チャレンジしてみてくださいね。


スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です