ハロウィンの仮装でホラー系骸骨・傷口メイクを簡単に楽しむ方法

暑い夏が終わり、ちょっと涼しくなるころに見かけるようになるのが、
ハロウィン関係のグッズですよね。

オレンジ色でみてるだけでウキウキしてきちゃいますね。

そんな頃にテーマパークなどで仮装イベントが行われます。
テーマパークのキャストだけではなく、お客側もさまざまな仮装で楽しむイベントです。

いままで見ている側だったあなたも、今年は簡単に仮装して参加してみませんか?

ハロウィンの仮装、服を準備するのは大変だから簡単なメイクから始めましょう

服装は普段のまま、イベントの行きも帰りもいつも通りでも、
現地でちゃちゃっとメイクで仮装してしまえば
ハロウィンイベントで楽しめますよね。

一番簡単なのは血のりで血だらけ血まみれ風にするだけ。

顔に付けた血糊は水タイプのクレンジングで落とせますが
もし洋服についてしまったら…しみ抜き剤で叩きながら落としましょう。

スポンサードリンク

血のりだけでは物足りなかったら…

その時は傷口メイクや縫い目メイクにチャレンジしちゃいましょう。
傷は筆タイプの黒いリキッドアイライナーで書けます。
ペンシルタイプは使いにくいので避けましょう。

パソコンで傷柄をタトゥーシールに印刷して貼り付けてもいいですね。

傷メイクが出来るようになったら骸骨風はどうですか?

骸骨風メイクなら、黒い部分は今までどおり筆タイプのアイライナーや
ブラックアイシャドウでも書けます。
リップは真っ白の口紅を塗りましょう。

化粧品では出来上がりが満足しないなら、ボディペイント用の絵の具を使ってみましょう。
化粧品とは違った感覚で楽しめると思います。

まとめ

仮装メイクで使った化粧品やボディペイント用の絵の具は
もちろん肌に害のない成分で作られていますが
つけっぱなしは肌によくありません。

その日のうちに石けんやクレンジング剤できちんと落とすようにしましょう。

それでは、今年のハロウィンも楽しんでくださいね~。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です