化粧品の使用期限で未開封のときと開封済みの化粧品や日焼け止めは?

普段化粧をしないからといって化粧品を一つももっていない人はなかなかいないでしょう。
一度開封した化粧品って、気に入ったものほどなかなか捨てられませんよね。

でも顔に使うものだからもし悪くなっていては肌荒れなど起こしてしまわないか、
心配です。

化粧品の開封前と一度開けてしまった化粧品、
これらのものを安全に使うには、使用期限を知らないと安心できませんよね。

それぞれの使用期限と、残しておきがちな日焼け止めの使用期限を調べてみました。

スポンサードリンク
  

化粧品の使用期限で未開封の場合はどれくらい?

買っておいたけどまだ使ってない、未開封の化粧品。
どんな化粧品でも、基本的には未開封のものの品質の保証がされているのは
3年間です。

試供品でも、基礎化粧品でも、
クレンジングでも、ファンデーションや口紅でも基本は同じで、
高い美容液でももちろん同じです。

では、未開封なのに3年間保証されていないものは何か、というと、
保存料や防腐剤無添加のものです。

そして、3年以内に変質するおそれのあるものには
使用期限を表示することが薬事法で義務付けられていますので、
表示を確認して、保存期限が記入されていなければ
3年間は保証されている化粧品です。

開封済みの化粧品だったら使用期限は?

では、開封済み、一度でも使ったことのある化粧品の場合はというと、
半年から長くても一年以内に使い切るか、
それ以上経ったものは使わないほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

一度でも皮膚が触れたものはそこから雑菌が入り増殖していきます。
開封しただけでも化粧品は酸化していきます。
酸化すると黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などの細菌が繁殖していくので、
触れていなくても開封したら同じと考えてください。

開封したもの、使用したものが使えるかどうかはアイテムにもよりますが、
時間が経っていて使えるかどうかわからないものは
色が変化していたりカビが生えていたり、
へんなにおいがした場合は使うのをやめましょう。

お肌に使うものですから、少しでも不安に思うなら使わないようにしましょう。

日焼け止めの消費期限で開封したものの場合

顔に使うものには気をつけるけど、夏にしか使わないボディ用の日焼け止めなら
毎年同じものを使いまわしているという人は多いでしょう。

ですが、ボディ用とはいえ化粧品と同じで
使用期限があり、未開封なら3年間、
開封したもの、一度でも使ったものならワンシーズンくらいで使い切るようにしましょう。

日焼け止めも成分が酸化すると肌にはよくありません。
ましてや夏に使うものですから、
高温多湿や直射日光など、保管状態が悪くなりやすいので、
なるべく早めに使い切りましょう。

使う前ににおいを嗅ぐなどして変質していないか確認することも大事です。

最後に

変質した化粧品を肌につけると、かぶれたり肌荒れしたりします。

においがおかしいものや、色があきらかに変わっているもの、
液体やクリーム、ジェルが分離しているものは絶対に肌につけないでくださいね。

奮発して買った高い化粧品でも同じですので、
買ったら早めに使い切るか、使わなくなったものは諦めて捨てましょう。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です