ニベアは高級クリームと似てるのか?違いを検証して似せる作り方も

いま、巷で噂になっているニベアの青缶は
高級クリームと酷似しているという話は本当なのでしょうか?

本当なのだとしたら、いくらか美容成分を足したら
ほとんど同じものが出来上がっちゃったりしちゃいますね

ニベアと高級クリームの違いなど、検証してみました

スポンサードリンク

ニベアと高級クリームが似てるといわれる理由

ニベアと似ていると噂の高級クリームとは、
内容量60gで販売価格が25,920円の、ドゥ・ラ・メール(De La Mer)というクリームです

アメリカの高級化粧品ブランドのもので、
この値段でも売れ行きは好調なようです

実際に愛用している有名人も多く、
海外ではマドンナさん、ジェニファー・ロペスさん、
日本国内でも、酒井若菜さんや 鈴木えみさん、
小嶋陽菜さん、 井上和香さんなどが使用しているそうです

ニベアとドゥラメールの違いは?

ニベアと高級クリームドゥラメールとはどこが違うのでしょうか?

まずは、成分表から、双方に配合されているものをあげてみましょう

両方に重複して含まれている成分は
水、ミネラルオイル、ワセリン、水添ポリイソブテン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、
パラフィン、硫酸Mg、オレイン酸デジル、ジステアリン酸Al、オクチルドデカノール、香料、クエン酸、
ステアリン酸Mg、安息香酸Na です

一般的に、化粧品が似ていると言われる判断基準は、
使用されているベースの部分が酷似しているかどうかだそうですので、
今回この重複して含まれている成分はベースの部分に関わる成分なので
この二つは似ているものと判断されたようですね

スポンサードリンク

では、これ以外の違っている成分はというと、
ニベアでは グリセリン、シクロメチコン、スクワラン、ホホバ油
ドゥ・ラ・メールでは 褐藻エキス、ライム果汁、エタノール、パンテノール、水添野菜油、
シアノコバラミン、カロチンです

その中でもシクロメチコン、エタノール以外は美容成分ですので、
これらの成分が双方の違いといえます

ニベアをドゥラメールにする作り方

それでは、ニベアに何を入れたら高級クリームドゥラメールに似たものになるのでしょうか

ドゥラメールの成分にあってニベアにはない「褐藻エキス」は
保湿効果を期待した成分であり、ニベアにおいてはグリセリンでになっていると思われますので
これは追加する必要はないでしょう

追加すべき成分は
「ヒバマタエキス」「パンテノール」「乳化ワックス」「プルーンシードオイル」です

これらをニベアに混ぜることで、高級クリームドゥラメールに近づいたクリームが出来上がるようです

ただし、作る際は一気に混ぜるよりも、少量ずつ混ぜながら使用してみることで
自分に合った配合量を見つけ、より効果的な自分に合ったクリームを作ることが出来るでしょう

まとめ

ニベアとドゥ・ラ・メールはベース成分で同じような成分が使われているために
似ているものといわれているようです

ニベアにはないドゥ・ラ・メールの足らない成分をちょっと足してみることで
芸能人が使っている高級クリームに似た、自分により合うクリームを作ることが可能です

とはいってもニベアとドゥ・ラ・メールの違いに大差はありませんので
値段もさほど高くないニベアで満足できればうれしいですね

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です