あじさい祭りは稲沢の性海寺へ☆見ごろや駐車場情報も紹介

梅雨の時期になるとデートやお出かけスポットも室内にマンネリ化してしまいがちですが
そんな時期こそ、外で楽しめるあじさい祭りに出かけてみませんか?

晴れた日もいいですが、雨が降っている時に見るあじさいは
水滴が光ってとってもきれいですよ

今回は、愛知県の稲沢にある有名なあじさい祭りをご紹介します

スポンサードリンク

あじさい祭りで有名な稲沢のお寺といえば

愛知県の稲沢市にある、あじさい祭りで有名な性海寺

このお寺は国の指定文化財で、この性海寺の周囲の敷地にアジサイを植えて
大塚性海寺歴史公園として開園しました

その公園で6月上旬から中旬にかけてあじさい祭りが行われます

この時期の公園には、約90種、1万株のあじさいが咲き
中ごろの土日にはメイン行事として鉢花の販売や茶会、
写真コンテスト作品の展示などが行われ
あじさい相談やゆるきゃらも登場したりとイベント盛りだくさんです

あじさい祭りの見ごろとは

あじさい祭り自体は6月上旬から中旬ですが
あじさいを楽しみたいなら、お祭り時期の前後も楽しめます

一番きれいに見えるのは個人的に、朝露にぬれたあじさいだと思っていますので
早朝に公園を散策するのが一番オススメです

また、雨の日の、水滴でつやつやしているあじさいも同じように美しく感じます
寺の裏手にある古墳の廻りには人口の川や池、橋が整備されていますので
緑のあじさいと水の風景は写真撮影にも最適ではないでしょうか

スポンサードリンク

あじさい祭りに駐車場は完備されているのか?

あじさい祭りは市のイベントですので
お祭り期間中は周辺施設の駐車場が利用できるようです

ただし、平日か土日かによって利用できない日もあるようなので
詳しくは市のホームページでご確認ください

稲沢市のホームページ→http://www.city.inazawa.aichi.jp/

駐車場には限りがありますので
メイン行事の土日に行くなら
名鉄国府宮駅からシャトルバスや乗り合いタクシーで
会場に向かうことも出来ますよ

バスは1時間に2本駅と会場間を往復しており
だいたい5分ほどで到着しますので
近隣駐車場から歩くことを考えたら
シャトルバスのほうが楽かも知れませんね

まとめ

愛知県稲沢市にある性海寺、その廻りを取り囲むように
あじさいが咲き乱れる大塚性海寺歴史公園では
毎年6月上旬から中旬にかけてあじさい祭りが行われます

お祭りの中ごろの土日にはメイン行事として
イベントが行われ、市内外から多くの人でにぎわうお祭りです

駐車場も準備されていますが
会場周辺は交通規制もありますので
メイン行事に出向く際は駅からのシャトルバスが便利です

もちろんお祭り期間の前後もあじさいは楽しめますので
人ごみを避けてゆっくり楽しむなら
お祭り以外に出向くのもいいでしょう

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です