しそジュースの作り方を教えてくださいという質問にお答えいたします

夏の熱中症予防にいいドリンクであるしそジュースは
ご家庭で簡単に作ることが出来るんです

外でスポーツをしているお子さんをお持ちのご家庭や
外で直射日光を浴びるお父さんのために
カリウム豊富なしそジュースを準備しておきませんか?

簡単な作り方をご紹介します

スポンサードリンク

しそジュースの作り方とクエン酸が必須な理由

簡単なしそジュースの作り方は

材料
赤しそ(茎を除いて)300g
砂糖 200~300g
クエン酸 小さじ1/2~1杯

赤しその茎を取り除いて葉だけにし、
たっぷりの水でよく洗い、水気を絞ってください
鍋に1リットルのお湯を沸かし、赤しその葉をちぎりながら入れます
(ちぎると赤しそのエキスが出やすくなるのです)
赤しそをそのまま3~4分ほど煮だします
すると、赤しそから色素が抜けて緑色になりますので
緑色になったらしその葉を鍋から取り出し、
残った汁を目の細かいざるで濾します
濾した汁を鍋に戻して、砂糖を加えて溶かしましょう
粗熱がとれたらクエン酸を加えます
これで出来上がりです

スポンサードリンク

あとは保存容器に詰めて冷蔵保存し
水や炭酸水で割っていただいてください

クエン酸を入れると酸の効果で煮汁が
一気に鮮やかなルビー色に変化します
入れないときれいな色にはなりません

夏バテ防止に!簡単♪赤しそジュースの作り方

簡単なしそジュースの作り方手順は
以下の動画でも確認できます

しそジュースの作り方 レモン

クエン酸が苦手な方にはレモンを代用しても美味しく出来上がりますよ

それぞれ違いがあって、
クエン酸入りの方が酸味が強くて爽やかで
キュッと一杯お風呂上がりに飲みたくなるような味です

レモンの方はやわらかい酸味があり、
子供でも飲みやすくまろやかな味に仕上がります

レモンにするかクエン酸にするか、
それはお好みで使い分けると良いですよ

まとめ

しそジュースは赤しそを煮た汁に甘みと酸をいれて作ります
夏バテや熱中症の予防、血液さらさら効果も期待できるそうなので
夏の健康維持に利用するためにも
是非ご家庭で作ってみてはいかがでしょうか

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です