シミができる原因は紫外線だけではなかった?!他の原因3選

夏の暑い陽射しの強い季節はもちろんのこと
常日頃からシミができないように紫外線から
お肌を守っている人は女性なら特に多いでしょう

お肌にシミが出来る原因は一般的には紫外線だと思いますが
それ以外にも実は原因があるのはご存知でしたか?

シミを消すにはその原因を知ることが重要です

紫外線以外の、シミの原因について解説いたします

スポンサードリンク

しみの原因には乾燥もかかわっていた?!

乾燥肌とシミとは、一見別の悩みのように感じるかもしれませんが
実は乾燥肌はシミの原因とも大きく関係しているのです

シミの直接の原因はもちろんメラニン色素ですが
肌が潤っていて正常なターンオーバーがされていれば
肌細胞がきちんと生まれ変われるので
生成されたメラニン色素も古い角質と一緒にはがれやすくなるのです

ですが、肌が乾燥していて潤いがなくなると
角質層が硬く、厚くなって古い角質がはがれにくくなってしまって
メラニン色素もそのまま残ってしまい、シミの原因となるのです

ということで、乾燥肌をしっとり潤った正常な状態の肌に治してあげれば
ターンオーバーも正常化してシミも落ちやすくなるのです

シミの原因その2、摩擦

肌をこするとシミが出来るんです
それはなぜかというと、
メラニン色素は実は肌に刺激を与えると生成されるからです

紫外線でももちろん生成されますが、
肌に刺激を与えても同じ状態になるのです

スポンサードリンク

その生成されたメラニンが蓄積されるとシミの原因になるのです

ですが、肌を刺激しないようにしたところで
シミが消えるわけではありません

乾燥肌対策と同じように、
ターンオーバーが正常なら
シミは古い角質と一緒に剥がれ落ちていくのですから
シミが出来にくい肌にするなら、
やはりターンオーバーを正常化させることが一番有効でしょう

シミの原因はまだあった!その3洗顔

シミが出来る原因として『摩擦』をあげましたが
洗顔も同じように原因となるのです

洗顔で顔をごしごし洗う人はいませんか?
そのごしごしが摩擦となり、シミの原因となるのです

洗顔が原因となる理由は他にもあります

合成洗剤が使われているクレンジングオイルや
洗顔フォームで洗顔していると
メイクなどの汚れと一緒に、
肌表面のたんぱく質も一緒に溶かしてしまい、
肌本来が持つバリア機能が落ちてしまうのです

バリア機能が落ちてしまった肌はターンオーバーの周期も狂い
古い角質が剥がれ落ちにくくなり、シミの原因となってしまうのです

まとめ

シミができるのはメラニン色素が原因であり
メラニン色素が生成される原因は紫外線以外にも
乾燥肌や肌への摩擦、洗顔とさまざまあります

ですが、これらの原因は、
肌のターンオーバーを正常化することによって
改善されることです

シミを消すには、シミの原因を知って
しっかり対処していきましょう

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です