日焼け予防特に海などで遊ぶ場合の注意点は?グッズや食べ物でも対策

紫外線対策は年中したいところですが
夏の海やハワイやグアムなどのリゾート地へ旅行に行くときには
いつもよりいっそうの紫外線対策、日焼け予防の準備が大切です

夏の日差しに負けないように
日焼けを予防するにはどうしたらいいのでしょうか

スポンサードリンク

日焼けの予防とくに海で遊ぶ場合の注意点

海で遊ぶときには日常の紫外線対策以外にも気をつけたい点があります

日焼け止めを塗っておくのはいつもどおりですが
海に入って体がぬれると塗っておいた日焼け止めが落ちてしまったり
体は水で冷えるので皮膚が暑さを感じずにそのままほうっておいたり
してしまいがちです

こまめに日焼け止めを塗っておくことが大事です
日焼け止めをマメに塗るのが面倒なら
海に入るときは水着ではなくラッシュガードを着用すると楽になりますよ

ラッシュガードとは、サーファーが着ているような
体にぴったりと密着している、手首や足首まで覆い隠す水着のことです

最近は人気が出てきて子供用まで売られていますので
家族で準備しておけば、日焼け止めを塗る面積が少なくなって
日焼けの心配も少なくなりますよ

日焼けを予防するために重要なグッズとは

海に限らず、外出する際には帽子が必須です
肌ももちろん大事ですが、髪の毛や地肌も日焼けするのです
肌は長袖の服を着たり、首にはタオルを巻いたりするのと一緒に
帽子もかぶって外出するようにしましょう

スポンサードリンク

そして、目も紫外線で痛んでしまうので
サングラスもかけるようにしたいですが
紫外線カットのレンズが入ったサングラスを選びましょう

これにさらに紫外線カットの日傘をさしたら最強ですね

日焼けの予防になるらしい食べ物があるんです

日焼け対策によいといわれているものは
良質の飽和脂肪やオメガ3脂肪酸、抗酸化物質が含まれているものです

良質の飽和脂肪が含まれている食材は、
ラードやバター、肉類の脂肪、チーズなどです

オメガ3脂肪酸が含まれている食材は
イワシやニシン、サバ、鮭などの魚類

そして、抗酸化物質とは、アスタキサンチンやコエンザイムQ10、
リコピン、βカロテン、ビタミンEやビタミンCなどで
具体的には、バナナ、トマトや赤い果物と野菜、サツマイモ、
ブロッコリーなどの葉菜類です

それらは飲み物で摂取してもよく、
緑茶や柿の葉茶、ローズヒップ、アップルティ、アセロラジュース、
ワインやぶどうジュースも日焼けの予防にはいいそうです

日頃から気をつけて摂取しておきたいですね

まとめ

紫外線対策は外出時やリゾート地などでは特に重要です
日焼け止めを塗ることはもちろん、
衣服や帽子で防御して外側から守り、
抗酸化物質が含まれたものなどを摂取して
体内からも守るようにしましょう

もし日焼けしてしまったら…
肌を冷やし、化粧水で十分に保湿したあとに
乳液やクリームで蓋をします

その処置をしても元通りになるとは限りませんし
現地では思いっきり楽しむために
出来るだけ事前に対策しておくことをおススメいたします

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です