日焼け止めの顔への塗り方に順番や塗り直し方法の注意点が!

真夏だけでなく日頃から紫外線に気を使っている人も多いでしょうが
日焼け止めの効果的な使い方は皆さんご存知でしょうか?

使い方次第ではその効果は半減してしまうかもしれませんよ

顔の日焼けを防止するために注意したいこととはいったい何でしょうか

スポンサードリンク

日焼け止めを顔に塗る際に順番は大事?

化粧をする上で、日焼け止めはどのタイミングで塗るべきなのでしょう?

最近は下地としても使える、紫外線カットの下地も多く販売されていますので
そういったものはもちろん下地として使いますよね

下地ではなく、日焼け止め単体の場合の順番は
やはり下地を塗る前が効果的のようです

下地を塗る前、基礎化粧が終わった段階で
化粧水→美容液→日焼け止め→下地 といった感じです

日焼け止めを顔に使う場合塗り方に注意

下地に日焼け止めが含まれているのなら
その下にさらに日焼け止めを塗っても効果は変わりません

スポンサードリンク

SPF値はたとえば20の下地と30の日焼け止めを重ね塗りしても
SPF値の高い方が有効になるだけなので
この場合の重ね塗りは無駄です

どちらか一方、SPF値の高い方を選ばれたほうがいいでしょう

日焼け止めを顔へ塗り直しするなら効果あり

日焼け止め、または下地を塗った状態に
化粧直しで日焼け止め効果のあるファンデーションを使った場合は
日焼け止め効果を持続させることができます

日焼け止めは1回塗ればOKというわけではなく
SPF値によって効果が持続する時間は変わります
効果が切れる前にファンデを重ね塗りしたり
ミストタイプの日焼け止めを化粧直しに使ったりして
こまめに対策をとるようにしましょう

まとめ

日焼け止めは1度にたくさん塗ったところで
その効果は時間がたてばなくなります

その日の動きに合ったSPF値の日焼け止めを選び
化粧直しのときに日焼け止め効果のあるアイテムを使用するなど
こまめに対策をとるのがオススメです

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です