浴衣デビューに必要なものその3

浴衣デビューの今年。結局揃えたものは、以下のものたちでした。

まずは浴衣。

私の場合は頂き物ということで買わずに済んだわけですが、友人の話では、浴衣は本人が気に入るものと似合うものとは必ずしも一致しないそうです。

私の場合も、友人からいただいた浴衣は3着ありますが、すべて自分の好みの柄というわけではなく、実際着てみるとなかなかいい感じだったという結論なのですが、店頭で見ていたらきっと選ばなかっただろうな、体に当てて鏡を見てみることすらしなかっただろうな、という柄でした。

ま、見立てのいい友人で、しかも思ったことをはっきり伝えてくれる友人と一緒に選ぶのがいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

私も今後買い足すことがあればその友人に付き添ってもらいたいと思います。

次に重要なのは帯ですね。

帯にも種類があって、半幅帯と兵児帯がよくと使われますね。

兵児帯はどちらかというとよりカジュアル感が出る帯ではないでしょうか。

子供の浴衣姿や男性の帯として使用されているのをよく見かけるかと思います。

気の置けない仲間との花火や夏祭りにはもってこいかと思います。

しかし、年上の方と同席する場合やちょっとフォーマルにしたい場合にはできれば半幅帯を使っていただきたいですね。

そこにさらに白い足袋を合わせればよりフォーマル感がアップしますので、目上の方や着物を着慣れているような方と会う予定の場合はこのあたりも気を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です