浴衣デビューに必要なものその2

浴衣の似合う女性を目指して、今年デビューしたアラフォーの私に、早速浴衣を着る機会がありました。

その浴衣をくれた友人が参加する浴衣女子会に、私も参加できることになったのです。

さらに、友人が浴衣も着せてくれるとのこと。髪もお願いできるというので甘えることにしました。

当日までに着付けの動画で勉強し、もっていない腰ひもも買い足して迎えた当日、一式を持って友人宅へ行き、着付けとヘアアレンジを済ませ、ほかの友人たちと合流しました。

他の友人も浴衣がとても似合っていて、品のある大人の女性の集まりに私はちょっと気おくれしていました。

いつもとワンランク上の世界にいるようで、とても楽しいひと時でした。

あんな女性になりたいと思い、浴衣を着た際の所作も参考にさせてもらいました。

スポンサードリンク

今回は友人に着付けてもらったけれど、自分で着られるようになったら友人に会いに行こうと思っていましたが、意外とすぐに一人で着られるようになったため、主人を飲みに行く際に浴衣を着てみました。

その時友人にも会えたのですが、きちんと着られているとほめてもらえ、さらにやる気になったのはいうまでもありませんね。

それからは友人主催のイベントに浴衣で参加したりと、どんどん浴衣は活用されております。

一度着て以来、浴衣は3枚、帯は4本、帯締めも3本手に入り、さらには髪に飾れるように花飾りまで手に入りました。

もうこれだけあればひと夏同じ人と一緒にいても同じ組み合わせを見せてしまうこともなさそうですね。

とはいえ結局気に入った組み合わせばかりを選んでしまうような気もしますが。これで今年の夏は終わりでしょうか。

まだもし着る機会があったらうれしいですね。

何事も経験がものを言うことを実感しました。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です