いちごジャムの作り方簡単にできる方法や電子レンジで作る方法など

春の味覚といえば甘くておいしいいちごが大好きという人も多いですよね

ですが、パックで買ってきても食べ残してしまったり
知り合いからいただいたりして
食べきれないくらい残ってしまうことも…

そんなときいちごを長期保存するために
ジャムにしてしまいませんか?

イチゴジャムの作り方はとっても簡単ですよ
<h3>いちごジャムが簡単にできちゃう作り方</h3>

圧力鍋のようなものは必要ありませんが
アルミではなくホーロー鍋を使います

キレイに洗ってヘタを取った苺と砂糖を鍋に入れ、弱火でかき混ぜながら煮てください
苺から水分が出てきますので、水は入れなくて大丈夫です
たまに味見をしながら砂糖の量を調整しましょう
適度に形が崩れて煮詰まってきたら完成です

レモン汁を入れても美味しいですが
煮詰める際にペクチンも入れると簡単にゲル化しますよ
<h3>いちごジャムの保存するのに再加熱は必要?</h3>

いちごジャムが完成したら煮沸消毒したガラス瓶に詰め替えておきますが
すぐに用意できない場合はとりあえずタッパーなどに保存しておいてもいいです

そのままタッパーで保存するなら冷凍しておくのがいいですが
常温保存したかったら早めにガラス瓶を用意して煮沸消毒し、
再加熱したいちごジャムを詰めましょう

スポンサードリンク

そのジャムを入れた瓶を蓋を開けた状態で熱湯で10分ほど煮たあとに
蓋を半開きにした状態で3分さらに煮た後に蓋をしっかり締めます

そのまま冷ませば脱気滅菌できていますので2~3年は持ちます
ですが、一応手作りですので、早めに使い切るようにしましょう
<h3>イチゴジャムの作り方電子レンジ編</h3>

ホーローやガラスの鍋がない場合でも、電子レンジで簡単に作る方法もあります

苺を洗ってヘタを取り、苺と同量の砂糖と5分の1のレモン汁を容器に入れて
イチゴを軽くつぶして砂糖となじませます
その後電子レンジで5~8分、沸騰するまで加熱してください

電子レンジで作るならこれだけで完成ですが
保存するなら冷凍するか、前述の煮沸消毒したガラス瓶に詰めたり
脱気滅菌して保存するようにしましょう
<h3>まとめ</h3>

いちごジャムは思ったより簡単に出来ますが
長期保存しようと思ったらしっかり煮沸消毒、脱気滅菌して
保存すれば、おいしい手作りいちごジャムが長期間楽しめますよ

春の味覚のおいしい苺をすこしでも長く楽しめますように

 

 

 

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です