梅まつり岐阜祭りの内容や夜間観覧公園への行き方について解説します

岐阜市にある梅林公園は
3月頃になると植えられている多くの梅が咲き乱れる
散歩にはもってこいの公園です

梅まつりも開かれるこの公園について調べてみました

梅林公園梅まつりってどんなお祭りなの?

岐阜市にある梅林公園とは、
白梅や紅梅など約50種類の梅の木が
約1300本植えられた公園です

毎年3月には梅の花が咲き乱れ、
梅林公園一帯では露店が出たり
撮影会、盆梅展などが開催されるお祭りが開かれます

来場者も多数でにぎわい、人力車も登場します

昼間だけ?夜の梅は楽しめるの?

お祭りは昼間だけで夕方には露店も終了してしまいますが
SL広場だけは夜間ライトアップされますので
夜に梅を観覧することは可能です

公園ですので入場も自由ですし
もちろん犬を連れての来場もOKです

スポンサードリンク

梅林公園への行き方は?

梅林公園自体には公園設置の駐車場はありません
お車で行かれるなら近隣の市営駐車場をご利用ください

いちばんおすすめなのは、やはり公共交通機関を利用することです

JR岐阜駅にあるバス停の14番または15番乗り場よりバスで10分
梅林公園前で下車(バス料金大人一人210円)
公園までは徒歩で3分ほどなので、バス利用がかなり便利です
(名鉄岐阜駅からもバスは同じ料金でご利用できます)

まとめ

岐阜市梅林公園一帯で行われる梅まつりは
今年は3月14日(土)と15日(日)に開催されます
開催期間中は混みあいますので
やはり便利な公共交通機関で行かれるとよいと思います

例年の見ごろは2月中旬~3月中旬ですので
お祭り以外でも梅を楽しむことができます

是非今年は岐阜の梅林公園へ梅を見に行ってみませんか?

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です