神父と牧師の違い服装や結婚についてなど調べてみました

キリスト教の教会へ行くと、神父さんがみえますが、
神父さんではなく牧師さんがみえる教会もありますよね

神父さんと牧師さんってなにか違うんでしょうか?

そんな素朴な疑問にお答えいたします

神父と牧師ってどう違うの?

そもそも、神父と牧師は同じキリスト教ですが、大きく違います

神父とはカトリックやギリシャ正教などの旧教系の聖職者で
牧師とはプロテスタント、新教系の聖職者です

また、牧師は結婚している方もそうでない方もいますが、
神父は生涯独身でいなければなりません

カトリックの教会では、最低でも新郎または新婦のどちらかが信者でなければ
結婚式を挙げられませんので
二人とも信者ではない場合の教会式で登場するのは神父さんではなく牧師さんです

ですが、いまでは式場の教会でも教会式が出来ますので
かならずしも本物の牧師さんに挙げてもらえる訳ではないのです

スポンサードリンク

神父をくわしく解説すると

旧教系の聖職者である神父の服装は、
普段着としてスータンといわれる黒い足下まで隠れるボタンのついた服を着用していて
祭儀の最中はさらにアルバと呼ばれる白くて薄いガウンのようなものとストール(ストラ)をかけ
マントのようなもの(カズラ)を羽織っています。

教会での立場としては、神と信者を仲介する役目を持つのが神父です

牧師をくわしく解説

新教系の多くの牧師は普段はスーツですが、シャツはローマンカラーのものを着用している人もいます
また、礼拝中にはガウンやストールを羽織る牧師もいるようです

ただし、プロテスタント教会の中でも聖公会やルーテル教会の牧師は
司祭と呼ばれることもあり、カトリックに近い祭服を着用します

教会では、教会のまとめ役や指導者という立場であるのが牧師です

まとめ

神父と牧師は同じキリスト教でも系統が違い、
厳密に言えばそれぞれの立場も違うようですが、

基本的に牧師には女性でもなれるようですが
旧教系では女性聖職者は修道女以外認められていません

このように、神父と牧師には大きな違いがあったのです

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です