恵方巻きに合うおかずのヒントを知りたい人のために

節分の日に、その年の恵方を向いて食べると縁起が良いといわれている太巻きの「恵方巻き」は
具が数種類入っているのでそれだけでバランスがよさそうですが、
いざ食事のメインにしようとするとなんだか物足りない気もしますよね。

そんな節分の日の献立のヒントにして、美味しい食事をいただきましょう。

恵方巻きの具って何が入ってる?

恵方巻きとはそもそも縁起物で、
縁を切らないという意味を込めて切らずに一本丸ごと食べる巻き寿司で、
具材も七福神にちなんで7種類の具を入れて巻き、福を巻き込むという願いも込めています。

ただ、最近は具材は特に決まってはいないようです。
献立を考える際に具材も選ぶと食事のバランスもよくなりますね。

副菜におすすめなのは?

恵方巻きに合わせる副菜におすすめなのはやはり肉類ではないでしょうか。
唐揚げやローストビーフ、牛肉のしぐれ煮、天ぷらなどなら
ボリュームもありますので、恵方巻きで足らない方にいいでしょう。

スポンサードリンク

では恵方巻きがボリュームがありすぎる場合には、何を合わせましょう?
そのときは茶碗蒸しやサラダなら
それほどボリュームもありませんし、食卓もさみしくなりません。

お酒のお供を添えても

夕食時にお酒を飲む家庭なら、副菜はお酒のお供でもいいでしょう。
手の込んだおかずよりも、簡単でもおつまみになるものが2~3品あれば
それでもう十分な夕食となると思われます。

それこそ刺身を買ってくるだけでも私なら満足するでしょうね。

まとめ

いずれにしても、食事のバランスを考えて、
恵方巻きの具にはない食材のものを、家族の胃袋の大きさも考慮しつつ
2~3品と、あと温かい汁物があれば立派な献立です。

家族のことを考えてつくる献立のヒントになれば幸いです。

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です