新生姜の甘酢漬けの作り方や保存方法、辛い甘酢漬けの対処方法など

生姜は夏が旬ですが、春頃になると新生姜が出回ります
新生姜はやわらかくて辛味も控えめでおいしいので
いまのうちに甘酢漬けにしませんか?

甘酢漬けにしてしまえば、
それ自体をつまみにしても美味しいですし
千切りにしてサラダに散らしたり
チャーハンの具に入れてみたり
豚肉に挟んで焼いたりと用途も様々です

甘酢漬けは保存食です
やわらかいうちに漬けて美味しい新生姜を楽しみましょう

スポンサードリンク

新生姜の甘酢漬けの作り方

新生姜の甘酢漬けの基本の作り方です

新生姜 200gに対して
酢 カップ1/2
水 カップ1/2
砂糖 大さじ4
粗塩 大さじ1/2

を準備し、
新生姜の薄皮が気になるようでしたらこそげ取り
繊維に沿って薄切りにスライスしてから
熱湯にさっとくぐらせ(茹でないでください)
ザルに広げて冷まします
甘酢の材料を煮立てて冷ましておき
容器に新生姜を入れて甘酢をそそいで蓋をします
これで出来上がりです

翌日から美味しく食べられますよ

スポンサードリンク

新生姜の甘酢漬けの保存方法は?

新生姜の甘酢漬けは、使う容器をしっかり消毒してあれば
カビが生えることもなく1年しっかりと持ちます
冷蔵庫でも常温でもどちらでもお好きなほうで大丈夫です

容器の消毒方法は、煮沸消毒です
熱湯で煮沸消毒した後、拭かずにそのまま乾かして使います
しっかり乾いていないと漬け汁が濁ってしまうことがあります
一度濁ってしまったものは雑菌が繁殖していますので
食べるのはあきらめてください

新生姜の甘酢漬けを作ったけれど辛いときの対処法

新生姜の甘酢漬けは分量を間違えなければ
作った後の2~3時間後から美味しく食べることができますが
酢に対して砂糖の量が少なかったりすると
辛い新生姜の甘酢漬けになってしまいます

辛くて食べられない場合は、1度生姜と漬け汁に分け、
漬け汁を沸騰する寸前まで加熱してから
その熱い漬け汁に取り出した生姜をもう一度漬けて
数日様子を見てください

漬け汁に辛味が回ってしまっていたら砂糖を足して
調節してみましょう

まとめ

新生姜の甘酢漬けは、新生姜が出回る春頃にしか作れません
一度作れば長い間新生姜が楽しめます
作り方は簡単ですので、是非試してみてください

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です