乳癌の早期症状はどんなもの?胸が張る・しこりがある場合は?

女性はホルモンの影響を受けて、
胸にさまざまな症状があらわれることがありますよね

胸の張りやちょっとした痛みなど、
生理前によくあることなので
それが病気に直結しているのかどうか
心配になることも少なくないでしょう

たとえば乳がんのように、
早期発見することでその後の人生も大きく変わるような
大病が疑われる場合は特に心配ですよね

乳がんと診断されるような場合は
初期症状としてはどんなものがあるのか、調べてみました

スポンサードリンク

乳癌は胸が張るときに疑うべきか

女性は生理前に胸の張りや痛みが増したりしますが
ホルモンの影響でのことなら
生理が始まればこの症状がなくなるようです

このときに、皮膚が赤みがかっていたり
熱感が見られる場合は、乳腺症が疑われることがあるようです

乳腺症の場合は生理周期に合わせて、
生理前に痛みが強くなり、生理が始まると痛みが和らぐという
周期性があるのが特徴だからです

とはいっても、実際にはこの症状で
乳がんが見つかることも少なくはないようですので
ちょっとでも違和感を感じたら、病院で検査してみましょう

乳癌の場合は脇の下にしこりが見つかる?

自己診断でしこりが見つかった方で
実際に乳がんだったという話はよく聞きます

そのしこりがどこにあるかは人それぞれのようですが
わきの下にはリンパがあるので
脇の下にしこりが見つかることもあるのでしょう

ただ、やはり脇の下ではない場所にしこりがあるから
乳がんではないとは言い切れません

ですが、しこりがあるからといって必ず乳がんだということもないのです

スポンサードリンク

乳房にしこりが発見されたから検査に行った女性は
乳がんではなく乳腺の病気だったという話もあるのです

乳腺の病気には乳腺症、乳腺線維腺腫、乳腺炎など色々ありますので
しこりが見つかったからといって癌だと気を落とさずに
まずは検査でどんな病気なのかを調べてみてください

乳癌の見つけ方

では、乳がんだった場合の症状はどのようなものなのでしょうか

残念ながら、乳がんの初期症状はほとんどありません
私の友人も、しこりが見つかって検査をしたら乳がんだったというだけで
それ以外の症状は何もわからなかったと言っています

痛みも熱もなく、そろそろ生理だから胸が張っているだけだと思って
胸を触ってみたらしこりが見つかり
心配になって検査をしたら発見されたということです

乳がんを早期発見するにはやはり常日頃から体調を把握し
ちょっとでも違和感を感じたらなるべく早く病院で検査をするようにしましょう

まとめ

乳癌 早期 症状

定期的に乳がん検診を受けることもオススメしますが
実際乳がんが発見された友人は、
乳がんが見つかった後にマンモグラフィー検査を受けたそうですが
その検査では乳がんは見つからなかったそうです

日本では、乳がん早期発見の80%が自己触診だそうです

ですので、検査を受けて見つからなかったからと安心するのではなく
自分でこまめにチェックして
違和感を感じたら婦人科や乳腺外来を受診して
精密検査を受けることをオススメします

乳がんは早期発見、早期治療で助かる率もずいぶん上がるそうです
大事な自分の命です
気になることがあったら、心配している時間がもったいないですので
何でもなかったと安心するためにも
不安の種は検査でつぶしてしまいましょう

スポンサードリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です